お乳大明神






お乳大明神
 
指 定  
指定年月日  
所在地 徳島県美馬郡美馬町中山路
幹 周 11.9m                ※1
樹 高 9m
樹 齢 不明                 
解説板 なし              
樹勢等 主幹が無くとも元気な様子
特記事項 雄株
幹周(実測) 11.2m
樹高(実測) 14m
樹齢(推定) 600年
お勧め度 ★★★☆☆
到達難易度
撮影日 2001年8月16日
2004年3月13日

とてもユーモラスな樹形のイチョウ。
雷にでも打たれたのであろう、極端な寸詰まりのような印象で、初めて目にしたときには失礼ながら思わず笑ってしまった。
上に伸びるための養分を、幹を太くする方にすべて振り替えてしまったかのような姿である。
以前は10mそこそこの高さであったらしいが、樹高は徐々に回復しつつあるようで14mまで回復してきているそうだ。
限られた樹高の中で葉を茂らさなければならないため、葉の繁茂する量は半端じゃなく、樹下に立つと日は全く当たらず、完全に暗いといってしまってもいいだろう。
イチョウの巨樹としては貴重な雌株で、大量の銀杏を降らせるという。

※1 環境省調査による


中国・四国イチョウ全国イチョウHOME |