乳保神社のイチョウ


指 定 国指定天然記念物
指定年月日 昭和19年7月17日指定
所在地 徳島県板野郡上板町瀬部
幹 周 12.7m                ※1
樹 高 24m
樹 齢 300年以上                
解説板 なし             
樹勢等 大枝枯損も健全
特記事項 雌株
幹周(実測) 11.2m
樹高(実測) 14m
樹齢 900〜1400年諸説あり
お勧め度 ★★☆☆☆
到達難易度
撮影日 1999年1月3日

四国最大のイチョウとされているが、数本のイチョウが合体したものとの言い伝えがある。
枝分かれ、ヒコバエの発達ともに盛んで、とても一本の木とは思えないほどの広大な樹冠を誇っている。
樹齢はどう古く見積もっても、700年くらいと思うのだが・・・・
根元の周囲をぐるりと鉄柵が囲んでおり、夏場にはほとんど木肌が見えない状態。冬場に訪問すると、全容が眺められるであろうか。

国道を挟んで向かいには鳥屋の大クスの姿が見えている。

※1 環境省調査による


中国・四国イチョウ全国イチョウHOME |