本を出版いたしました。


この夏、ウンウン唸りながら書き上げた本がようやく出来上がりました。

 この大きさの本は、普通100ページ以内に収まるものなのですが、調子こいて60本依頼の所を90本も執筆してしまったものだから、出版元でももったいないということとなり、大増ページで125ページくらいの厚みのある本に仕上がってしまいました。
値上げはしたくないという要望も聞いてくださって、こちらの印税を限りなく“0”に近づけて、値段は2000以内を確保。
1900円で何とか出版にまで漕ぎ着けました。

表紙はかなり揉めましたが、結局秋田県のあがりこ大王に決定したのであります。
今日、初めて表紙を見たのですが、とても渋くて、なかなかセンスが良いかもしれません。

地方と地方の間にあるコラムでは、取材行った際の面白おかしな話や、
苦労話、ちょっとくだけた文章などいろいろと冒険もしてみました。

内容は全国の巨樹を写真入りで94本。すべてカラーでの掲載です。
今まで紹介し尽くされた有名な巨樹は敢えて避け、まだ誰も知らぬ埋もれた名木を中心に・・・のコンセプトの下、ない頭をフル回転させ執筆いたしました。
今までの巨樹を紹介する本とは一線を画した内容を、是非本屋さんでお手にとってご確認下さい。

出版元  新日本出版社
定価   ¥1900円

ISBN978-4-406-05175-0


戻る