大師の逆さ杖シナノキ






大師の逆さ杖シナノキ
 
指 定 東部町指定天然記念物
森の巨人たち100選
指定年月日  
所在地 長野県小県郡東部町新張
幹 周 4.3m                 ※1
樹 高 30m
樹 齢 300年以上             
解説板 あり           詳細を見る
樹勢等 大枝枯損も健全
特記事項 連理が見られる 
幹周(実測) 4.6m
樹高(実測) 24m 
撮影日 1999年4月21日

弘法大師諸国行脚の際、この地で休んだ折りに地面に刺したシナノキの杖が根付いたものとされている。こういった伝承は各地に残る。長野県の名前の由来でもあるシナノキ、かつてはこのあたりも一面にシナノキが成長していたのだろうか。
かつては交通量も少なく、のんびりと過ごしてきたこの樹も、現在では週末ともなると多くの車の排気ガスにさらされ、おまけに大型ダンプまで根元を走る劣悪な環境にさらされ始めているのは気がかりだ。

※1 環境省調査による


関東・甲信越・東海・北陸一覧全国一覧HOME |

 

Copylight(C) Hiroshi Takahashi 2003-2005. All rights reserved.