町指定天然記念物
(昭和四十七年三月十日指定)
内船八幡神社
イチョウ・クスノキ

 昔から御神木は勧請木または神依木といわれ神様のこもる依代 神様の御降臨するところとされています。
 特別な老樹・巨樹は御神木として尊び神社の霊木として扱われております  先祖が植え育ててきたこの両樹は県内有数の巨樹で御神木として 神域の尊厳と古い由緒 歴史を伝えています
 イチョウは雄木で根まわり十一メートル 目通り幹囲六・四メートル 枝張りは東西南北とも二一メートル 樹高は三三メートルで 地上五メートル付近から太い枝を伸ばし この付近から乳柱(気根)が三本垂れ下がり 樹齢は五〇〇年以上と推定されます

 クスノキは根まわり一〇メートル 目通り幹囲五・二七メートル 枝張りは 東西二五メートル 南北二一メートル 樹高は三四メートルで  イチョウとほぼ同じです。
本樹は昭和四十七年の指定当時の目通り幹囲は四・七五メートルでありましたが 二十四年後の平成八年町史編纂時の測定では 五・二十七メートル となって五二センチメートル太くなっております
 県内では身延町大野本遠寺のクスノキに次ぐ巨樹で イチョウとともに樹勢はきわめて旺盛です

       平成十年七月
       奉納  御神木由緒碑 渡邊義彦


山梨県の巨樹 全国の巨樹 全国イチョウ一覧 関東甲信越のイチョウ 樹種別一覧 HOME 森の巨人100選

内船八幡神社のイチョウ




他の写真を見る

内船八幡神社のイチョウ
指 定 南部町指定天然記念物
指定年月日 1972年5月10日 
所在地 山梨県南巨摩郡南部町内船3935
解説板 あり   詳細を見る
樹勢等 良好
特記事項 雄株 
お勧め度 ★★☆☆☆
到達難易度 ☆☆☆☆  
撮影日 2007年2月3日
 環境省値  解説板値   実測値
幹  周   6.40m   6.40m   6.52m
樹  高   33.0m     33m     29m
樹  齢      500年    
実測詳細 地上1.3m部分を計測

甲府方面からフォッサマグナ沿いに清水に向かう国道52号線。
深い谷が連続するが、それも一段落するあたりが南部町である。
富士川の左岸の段丘上にクスノキとイチョウが仲良くそびえているのが遠方からもよく目立つが、これが八幡神社のイチョウである。
雄株のイチョウで、ヒコバエも気根も少なく、全体的にはスマートな印象を受けるイチョウである。
 参道の石段を登り切り、鳥居をくぐると右手に「内船八幡神社のクスノキ」、そして左手にこのイチョウが参道を挟んで対峙している。おそらくクスノキと同時期に植えられたものと想像されるが、クスノキの旺盛な成長力にも一歩も引けをとらず、ほぼ同じ大きさで渡り合っているところなんざ、さすがイチョウと言ったところだ。
見た目には仲良く並んでいるが、地中ではクスノキと熾烈な生存競争をしているだろう事は想像に難くない。
イチョウは南に面して立っており、訪問する度に自分の写真の腕のことはさておき、光線条件の悪さを嘆くのが常である。
常に他に悪さを求める・・・いつまでたっても進歩無し・・・・


戻る