県指定天然記念物比志神社の大スギ

所有者 比志神社
指定年月日 昭和三六年十二月七日

スギの巨樹として県下有数のものである。
樹齢五〜六〇〇年といわれている。
根本の周囲  一一・七〇米
目通り幹周   八・一八米
枝張り
東  八・〇〇米
西  七・〇〇米
南  八・三〇米
北  六・八〇米
樹高 三三・〇〇米

昭和五十六年二月十六日

山梨県教育委員会
須玉町教育委員会

山梨県の巨樹 全国の巨樹 全国スギ一覧 関東甲信越のスギ 樹種別一覧 HOME 森の巨人100選

比志神社の大スギ



比志神社の大スギ
指 定 神奈川指定天然記念物
指定年月日 1961年12月7日 
所在地 山梨県北杜市須玉町比志872
解説板 あり   詳細を見る
樹勢等 良好
特記事項   
お勧め度 ★★☆☆☆
到達難易度 ★  下車後すぐ
撮影日 2007年7月9日
 環境省値  解説板値   実測値
幹  周    6.9m   8.18m   
樹  高     35m     33m    
樹  齢   300年以上   〜600年   
実測詳細 地上1.3m部分を計測 

中央自動車道須玉インターより増富ラジウム鉱泉方面へ向かう途中に比志集落がある。
市道から比志集落に降りる際に塩川を渡ることとなるが、その橋の袂より比志神社への参道が始まる。車は入れないほどの細い参道である。
大スギは拝殿に寄り添うように立っており、いかにもスギらしい重量感豊かな姿である。
正面から見ると合体木のようにも見えるが、裏側に回ると完全な一本であるようにも見える。
市道に戻り、信州峠方面へさらに進むと日本百名山のひとつ奇峰「瑞牆山」が見えてくる。まさに絶景である。


戻る