上野原市指定天然記念物
浜沢の大ケヤキ


指 定  昭和六十一年十月一日
所在地 上野原市秋山一一八四〇番地
説 明 根廻り九・五m、目通り幹囲八・一五m、樹高約一九・五m。
浜沢薬師堂(お薬師様)の前庭にあります。北側が急傾斜の深い谷に接するので、露出根が斜面に沿って下方に広がっています。幹に開いた大きな空洞は、 昔から子供たちの遊び場でした。昭和二十年代、薬師堂が栗谷小学校浜沢分校の仮教室に使われていた頃、空洞は子供が出入りできるほど大きく開いていたそうですが、 その後に周りの樹皮が包み込み、空洞は次第に小さくなっています。落雷による折損や腐朽が見られますが樹勢は旺盛で、強い生命力に満ちています。
 市内のケヤキでは、国指定・上野原の大ケヤキに次ぐ巨樹であり、県内でも有数の規模を誇ります。

平成十八年十二月 上野原市教育委員会
 

山梨県の巨樹 全国の巨樹 ケヤキ一覧 関東甲信越のケヤキ 樹種別一覧 HOME 森の巨人100選

浜沢の大ケヤキ




他の写真を見る

浜沢の大ケヤキ
指 定 上野原市指定天然記念物
指定年月日 1986年10月1日 
所在地 山梨県上野原市秋山浜沢11840
解説板 あり   詳細を見る
樹勢等 良好
特記事項    
お勧め度 ★★★★
到達難易度 ★   下車後すぐ
撮影日 2007年6月1日
 環境省値  解説板値    実測値
幹  周    8.0m   8.15m   8.77m
樹  高     30m   19.5m     20m
樹  齢   300年以上       
実測詳細 地上1.3m部分を計測 

上野原市にはもう数え切れないほど訪問していたのだが、このケヤキだけは訪問していなかった。
カルチャーを上野原で行う都合上、このケヤキも当然候補に挙がっており、初めて訪問することとなった。近所のお姉様に道を訪ねたところ、気持ちよく教えてくださった。
お陰で迷わずに到着できたのはありがたい。
正直、それほどの期待はしないでの訪問であったのだが、なかなかどうして素晴らしいケヤキであった。境内からの眺めは地衣類を纏った白い姿をしており、とてもケヤキには見えない不思議な光景であるが、特にケヤキの裏側=坂下から狙う姿が、何ともツボにはまってしまったのだ。
しばらく撮影に没頭していると先ほどのお姉様が「ケヤキはいかがでしたか?」とご丁寧に挨拶にまで来ていただいて大変恐縮してしまった。
都会では失われた人間の温かさと、ケヤキの包容力に満たされて、大満足の上野原探訪となったのはいうまでもない。


戻る