中道町指定天然記念物
円楽寺の大いちょう


樹高 28.8メートル
目通り 4.5メートル
根廻り 6.4メートル
樹齢 五百年
 

山梨県の巨樹 全国 イチョウ一覧 関東甲信越のイチョウ 樹種別一覧 HOME 森の巨人100選

円楽寺の大いちょう





円楽寺の大いちょう
指 定 甲府市指定天然記念物
指定年月日  
所在地 甲府市(旧中道町)七覚4104 
解説板 あり   詳細を見る
樹勢等 良好
特記事項 雌株  
お勧め度 ☆☆☆☆
到達難易度 ★  下車後すぐ
撮影日 2006年5月7日
 環境省値  解説板値    実測値
幹  周   4.28m   4.50m   4.35m
樹  高     23m   28.8m     20m
樹  齢     500年     500年   
実測詳細 地上1.3m部分を計測 

山梨県甲府盆地に行った際には、必ずと言っていいほど通る広域農道を走っているときに目にしたイチョウである。
それほど大きなものではないのだが、いつも通る度に気にかかっていたイチョウであった。

旧中道町にこのイチョウはあるが、現在は合併して甲府市となってしまった。こんなところまで甲府市?と疑いたくなるようだ。
富士山北麓の巨樹を探りに行った際、いつものように付近を通りかかったので寄ってみたのだが、まだ若々しい青年期のイチョウのような印象であった。

地上5m付近で主幹のズレが見られるようであるが、かつて主幹を損傷した痕跡なのかも知れない。その段差から枝が大量に派生し、一斉に上を目指しているが、その枝葉どれも株の幹に比較すると貧弱なのである。
しかし、遠方より望む姿はイチョウらしく、いかにも元気そうな姿である。このイチョウは巨木としては少数派の雌株で、秋には大量の銀杏を降らせてくれる。



山梨県一覧全国一覧HOME |