山五十川の玉杉 




山五十川の玉杉

国指定天然記念物
昭和26年6月9日指定
山形県西田川郡温海町山五十川字碓井、熊野神社境内

幹周   10.9m
樹高     40m
樹齢   1500年

遠方より望むと玉のような半球形の樹形で、ここから玉杉の名前が付いたという。
樹勢はまことに旺盛で、根元近くにある熊野神社本殿も、この木の根の成長につれ傾きが激しくな
り、ついにスギの後方へと移築されてしまったほどだ。
お盆の時期にだけ、このスギがライトアップされるという。集落の西側の公園付近から望むとぽっかりと浮き上がる玉杉を見られるのだという。
根回りの巨大さ、樹形の壮大さは、数ある杉の中でも間違いなく一級品であると断言しておこう。スギが好きな方は、このスギは見ておくべきであろう。
東根の大ケヤキとともに、山形が誇る日本を代表する巨樹である。

撮影日 2002/5/25


山形県一覧全国一覧HOME |

Copylight(C) Hiroshi Takahashi  2003. All rights reserved.