津金沢の大スギ 





津金沢の大スギ

山形県指定天然記念物
昭和27年4月1日指定
山形県山形市津金沢 熊野神社

幹周    9.2m
樹高     39m
樹齢   1000年

山形市の南西部の津金沢集落。ちょうど山形盆地が尽き山が迫るあたりで、巨樹の生育条件としては最適なところである。
かつては2本のスギがあったそうだが、現在では一本が残るのみである。様々な特徴を持ったスギで、日本海側のスギとしては珍しく、枝を横に広げずに真上に伸ばす特徴的な姿である。また幹の数カ所から乳(気根)を垂らしている姿は異様に映る。
根元付近よりも、地上数mの方が太く、幹周以上の迫力を感じるのはそのせいだろうか。
根元には堆肥がたっぷりと敷かれており、下手な小細工よりも数段効きそうな雰囲気だと納得してしまった。さすが米どころの保護の手段である。
数年前に訪問したときにはちょうど熊野神社お祭りで、しきりにスギの袂で御神酒を勧められた。普段は寡黙な方々もこの時ばかりはとても陽気であった。なんて良い方々に見守られているのだろう、幸せいっぱいのスギである。
私もこのスギは大好きだ。

撮影日 2002/5/25


山形県一覧全国一覧HOME |

Copylight(C) Hiroshi Takahashi  2003. All rights reserved.