熊野神社の大イチョウ
山形県指定天然記念物
山形県南陽市宮内

幹周   7.5m
樹高    30m
樹齢 推定500年

宮内の熊野神社は日本三熊野のひとつに数えられ、大同年間(806年)に建立されたと言い伝えられており、約1200もの長い歴史を誇っています。
その門前に構えているのが大イチョウで、途中で主幹が折れてしまっていますが、周囲から新たな萌芽がそれを補い樹形は崩れていません。イチョウの周囲が道路や駐車場となっており、環境的には可哀想な状況です。


山形県一覧全国一覧HOME |

Copylight(C) Hiroshi Takahashi  2003. All rights reserved.