猿川ガジュマル

ガジュマルは熱帯産のイチジクの仲間で、屋久島は天然分布の北限をなしています。うっそうと繁る樹冠の広がりは、およそ10アールにも及ぶといわれています。

屋久島の巨樹 鹿児島県の巨樹 全国の巨樹 全国ガジュマル一覧 九州地方のガジュマル 樹種別一覧 HOME 森の巨人100選

猿川ガジュマル



猿川ガジュマル
指 定  
指定年月日  
所在地 鹿児島県熊毛郡屋久町
解説板 あり   詳細を見る    
樹勢等 良好
特記事項    
お勧め度 ★★★★
到達難易度 ★★☆☆  下車後5分
撮影日 2007年5月17日
 環境省値  解説板値    実測値
幹  周   13.5m        
樹  高     16m      
樹  齢  100-199年     
実測詳細  

屋久島の南東部、中瀬川を遡る道路を辿ると右側に駐車場がある。そこから獣道のような踏み跡をたどると、鬱蒼としたジャングル然とした場所に出る。
そこに聳えて・・・いや居座っていると言ったらいいのだろうか、今までに見たことの無いような樹が、無秩序に壮大に繁茂している。どれが幹で、どれが気根であるのかはもう既に判別不能でず、まったく異次元の森に踏み込んできたかのようである。付近一帯が猿川ガジュマルの居座っている場所と言ったらいいのだろうか。
環境省のデータではどうやって計測したのかはなはだ不思議であるが、13.5mの値が報告されているが、主幹の太さはともかくも、繁茂面積の広さはおそらく日本最大であると断言したいところだ。
県外から訪れる人にはいまだ知名度が低く、一部の人のみが知るスポットである。


戻る