上日寺のイチョウ



上日寺のイチョウ


指 定 国指定天然記念物
指定年月日 1926年10月20日 
所在地 富山県氷見市朝日本町
幹 周 12.0m                ※1
樹 高 36m
樹 齢 伝承1300年   
解説板 あり                  
樹勢等 良好
特記事項   
   
幹周(実測) 11.1m
樹高(実測) 23m
お勧め度 ★★ 
到達難易度               車で根元まで
撮影日 1999年6月8日

銀杏に養分をとられてしまう雌株の中では、宮崎にある去川のイチョウとともに最大にまで発達した一本といえるだろうか。
大きさが大きさであるから銀杏の実る量も尋常ではないそうで、180リッターほどの収穫があるという。
幹のいたるところから乳が垂れ下がっており、昔から「乳銀杏」として親しまれてきた。乳のでない母親は、乳を削り取り煎じて服用したそうである。
以前は40mちかくあった樹高も、近年頭頂部が折れてしまい、樹形がこぢんまりとしてしまったのは残念である。

※1 環境省資料による

富山県一覧全国一覧HOME |