水垂れのトチノキ



 
指 定  
指定年月日  
所在地 東京都西多摩郡奥多摩町日原小川
幹 周 5.3m                 ※1
樹 高 23m
樹 齢 不明
解説板 なし
樹勢等 健全
特記事項  
幹周(実測)  
樹高(実測)  
撮影日 1996年7月14日

日原の集落を過ぎて鍾乳洞へ向かう途中、右手の崖に大きなトチノキが見えてくる。意識して見ていなければやり過ごしてしまうだろうか。日原集落から山道をたどって来ることも可能で、このコースは約1時間の手頃な散策コースにもなっている。
このトチノキは、かなりの急傾斜地にあり、根元まで達するにはかなりの危険を伴う。
樹齢は不明だが、まだまだ若く200年を越えたくらいであるのかも知れない。根元直下の都道には、幽水「トチの雫」がこんこんと沸き出しており、まさにトチノキがくれた恵みといえるであろう。
都道を挟んで崖下には「水垂れのモミ」が聳えており、鍾乳洞へ来た方は是非とも車を停め眺めていただきたい。

※1 環境省資料による


東京都一覧全国一覧HOME |

Copylight(C) Hiroshi Takahashi 2003-2005. All rights reserved.