都天然記念物
   阿蘇神社のシイ


所在 西多摩郡羽村町羽一三六五番地
指定 昭和六年一月二九日

 平安時代に東国一帯を一時制圧していた平将門を討った、藤原秀郷の数少ない伝説をもつこのシイの木は、多摩川の氾濫源に臨む傾斜地に位置している。
秀郷伝説は後世の作為であるが、樹木自体はすでに老衰期に入っているものと見られ、昭和四十一年の第二十六号台風によって大幹は折損された。 しかし、恵まれた水量で立地条件も良いため樹勢はまだ旺盛である。高さは十八・二メートル、目通り幹囲は六・一メートルある。
 このシイは「スダジイ」でブナ科にお属し、暖地の山野に自生する常緑喬木で、果実は先端がとがった堅果で、翌年十月頃に至って成熟する。

昭和四十三年三月一日 建設

東京都教育委員会 


東京都の巨樹 全国の巨樹 全国シイノキ一覧 関東甲信越のシイノキ 樹種別一覧 HOME 森の巨人100選

阿蘇神社のシイ




他の写真を見る

阿蘇神社のシイ
指 定 東京都指定天然記念物
指定年月日 1931年1月29日 
所在地 東京都羽村市羽加美4丁目6番地の7
解説板 あり   詳細を見る
樹勢等 良好
特記事項 多摩川沿いに成長するスダジイ  
お勧め度 ★★☆☆☆
到達難易度 ☆☆☆☆  
撮影日 2009年9月14日
 環境省値  解説板値   実測値
幹  周   6.10m   6.10m   
樹  高   18.2m   18.2m   
樹  齢     不明       
実測詳細  

羽村市西部、多摩川土手沿いにある阿蘇神社の御神木である。
阿蘇神社の歴史は古く、創建は西暦601年と言われており、約1400年の歴史を持つ。
何故に羽村あたりに阿蘇神社?と思われる方も多いことと思われるが、九州の阿蘇神社のご祭神と同じ建磐龍命(たけいわたつのみこと)、阿蘇都媛命(あそつひめのみこと)であり、まさに九州にある阿蘇神社と同じである。
これは、推古帝朝時代に多摩川が氾濫した際に、阿蘇媛命という媼が現れ水害を治めてくれたと伝えられる。そこで当地に神社を築いて神を祭ったとされているようだ。
スダジイの巨木は平将門を討った藤原秀郷が天慶3年(940年)頃に植樹したという伝説がある。
現在のスダジイはそのひこばえから生長したものとされているが、
一般には800〜1000年ほどの樹齢を持つと認識されている。
南西側は多摩川の河岸段丘の崖、北当側は神社の拝殿が根元まで迫り、非情に圧迫されるような空間に立っているため全容を見渡すことはできない。度重なる台風の影響で大枝は折れてしまっているが樹勢は悪くない。
初めてニコンのデジカメを買い、このシイの木を撮影に出かけたことがあった。ところが木を撮影しようとするとカメラが動かなくなる。
このシイの木には何か不思議な力でも宿っているのであろうか?
 横田基地が近いこともあり、タッチアンドゴーの訓練を行っているとひっきりなしに飛行機が頭上を通過する。境内から多摩川の河原に降りると、釣りやバーベキューなどを楽しむ人で賑わう。羽村市民が憩う場所なのでもある。


戻る