東川田の楠







東川田の楠
 
指 定  
指定年月日  
所在地 徳島県麻植郡山川町川田市
幹 周 12.35m               ※1
樹 高 22m
樹 齢 不明                
解説板 なし
樹勢等 大枝枯損も健全
特記事項  
幹周(実測) 13m
樹高(実測) 23m
撮影日 2004年3月13日

吉野川の南岸、まさに土手に接して成長を続けるクスである。
かつては神社があったのであろうか、鳥居だけは真新しいものが設置されているが、現在は個人宅の庭にひっそりと佇む印象だ。
全くの独立木ゆえ、遠方からもよく目立つ存在で、数キロ先からも望むことができる。
樹皮が剥がれたり、枯れた枝が多いようで繁茂面積は決して広くはないが、残った幹は健康で、こんもりとした独特の印象を与えてくれる。
解説板など一切無く、この樹に関する詳細は不明であるが、樹齢は約500年ほどのものであろうか。根元をコンクリートで固められたり、独立木ゆえの落雷など心配な点も多いが、四国内でも有数なクスであり、無事に成長することを願う。 

※1 環境省調査による


徳島県一覧全国一覧HOME |

Copylight(C) Hiroshi Takahashi 2004. All rights reserved.