徳島県の巨樹 全国の巨樹 全国イチョウ一覧 中国・四国のイチョウ 樹種別一覧 HOME 森の巨人100選

菩提寺のイチョウ




他の写真を見る                                 

上名のイチョウ
指 定 なし
指定年月日  
所在地 徳島県三好市山城町上名
解説板 なし   
樹勢等 良好
特記事項 茶畑の中に立つ  
お勧め度 ★★★★
到達難易度 ★★☆☆  下車後2分ほど
撮影日 2016年1月1日

 環境省値

 解説板値 実測値
幹  周  

※1 40尺

  11.4m
樹  高    90尺     29m
樹  齢    500年     
実測詳細 気根を避けて計測 

大歩危小歩危をはるかに見おろす斜面上にある、ほとんど無名のイチョウである。字名は「かみみょう」と発音する。
 昭和中期の資料(日本老樹名木天然記念物)にはイチョウの巨樹として掲載されているが、現在では忘れ去られた存在なのか、環境省の資料からも漏れてしまっている。
 付近には民家もあり、すぐ上を道路が通っているが、離合のできないつづら折れの道を約10分上ってこなければならず、運転が好きな方、または軽自動車や軽トラなどにお乗りの方以外は、自重した方が良さそうな道だ。
 地元の方以外通行することも少なそうな道であり、イチョウを訪れる人はまばらだ。

急斜面の茶畑の中に立っており、以前は整備もあまり行き届いてない状況であったが、今回はすっかりと見違えるように綺麗清掃された根元になっていた。
 雌株のイチョウであり、幹周の11.4mは全国で3位くらいに位置する雌株のイチョウである。
 かつて(1999年)訪問した際には、根元に小さな祠があったが、2016年の訪問時には気がつかなかった。
 イチョウからの眺望は素晴らしく、眼下にはJR土讃線大歩危駅も眺められ、気動車が鉄道模型を見ているかのように動いているのが眺められる。
四国では、ビックリするような谷間の急斜面上部に集落が存在しているが、上名のイチョウ周辺もそういった場所。
平家の隠れ里の名残であるのだろうか・・・・
時間さえ許せば、この四国らしい雄大な景色をのんびりと味わってみたいところである。

※1 日本老樹名木天然記念物による


戻る