別命八幡神社のクス






別命八幡神社のクス
 
指 定 徳島市指定天然記念物
指定年月日 2002年2月25日
所在地 徳島県徳島市宮の東 別命八幡神社
幹 周 8.91m                ※1
樹 高 20m
樹 齢 不明              
解説板 樹名板設置
樹勢等 大枝枯損、やや衰弱気味
特記事項 樹下を交通量の多い道路が通る 
幹周(実測) 9.3m
樹高(実測) 17m
撮影日 2004年3月13日

徳島市の吉野川を渡った北部、宮の東町別命八幡神社にあるクスノキ。
かつては広大な境内だったようだが、現在は南北を分かつように、交通量の多い道路が境内を分断してしまっている。道路によって離れ小島となってしまった草地に取り残されてしまったかのようだ。
やはり自動車による影響は避けられないのであろう、上方に向かう枝だけが残り、葉の全体量を補うため低い位置に若い枝を伸ばしているようで、全体的に見ると2段構造のような樹形となっている。

※1  環境省資料による


徳島県一覧全国一覧HOME |

Copylight(C) Hiroshi Takahashi 2004. All rights reserved.