栃木県指定 天然記念物
覚成院のカヤ


所有者 覚成院
昭和37年1月9日指定

樹高  32メートル(指定当時)
目通周囲 6.2メートル( 〃 )
推定樹齢 500年

カヤは、イチイ科の常緑高木で宮城、山形以南に分布するが、本県では北西部の山地にわずか に自生する他、神社仏閣に植えられることが多い。このカヤはもともと2本の木を並べて植えたものであるが、 太るにつれて下の幹が合着して双子の状態になったものである。山門から入って西から見ると、 まったく1本としか見えないが、南または北から見ると並列した2本が非常に立派である。 どちらも雌木である。ちなみにこの境内は茂木氏が城主であった頃の家臣、松永弾正の居館跡であるといわれている。

栃木県教育委員会 茂木町教育委員会
 

栃木県の巨樹 全国の巨樹 カヤ一覧 関東甲信越のカヤ 樹種別一覧 HOME 森の巨人100選

覚成院のカヤ





覚成院のカヤ
指 定 栃木県指定天然記念物
指定年月日 1962年1月9日 
所在地 栃木県芳賀郡茂木町茂木
解説板 あり   詳細を見る
樹勢等 良好
特記事項 雌株  
お勧め度 ★★☆☆☆
到達難易度 ★  下車後すぐ
撮影日 1999年9月8日
 環境省値  解説板値    実測値
幹  周   6.21m    6.2m   6.3m
樹  高     17m     32m    21m
樹  齢   300年以上     500年   
実測詳細 地上1.3m地点を計測 

茂木駅南東方向に約500mのところ、茂木町の中心を流れる逆川の河岸段丘上。町を見下ろす高台の上に覚成院がある。
その境内右奥に2本が身を寄せ合うようにして立っているのが覚成院のカヤである。
現地解説板によると、かつては樹高32mとあるが、現在低くなっている幹の先端が失われているため、かつてはこの梢が空高くそびえていたのだろうか。
カヤで樹高32mともなれば、雄大な樹形を誇っていたことであろう。

訪問時、ちょうど茂木町はバイパス工事で街中が渋滞で麻痺していた。そんななか覚成院の境内に到着し、ホッとしたところにこの木との出会いが待っていた。今でも当時のことを思い出すと、心が和むようである。



栃木県一覧全国一覧HOME |