県指定天然記念物
円宗寺のケヤキ

昭和四十九年二月十九日指定
樹高四十m、推定樹齢六百年

拡大地図を表示

栃木県の巨樹 全国の巨樹 全国ケヤキ一覧 関東甲信越のケヤキ 樹種別一覧 HOME 森の巨人100選

円宗寺のケヤキ



円宗寺のケヤキ
指 定 栃木県指定天然記念物
指定年月日 1974年2月19日 
所在地 栃木県下都賀郡壬生町上稲葉
解説板 あり   詳細を見る
樹勢等 良好
特記事項   
お勧め度 ★★☆☆☆
到達難易度 ★  下車後すぐ
撮影日 2005年4月11日
 環境省値  解説板値   実測値
幹  周   8.90m       9.30m
樹  高     42m     40m     36m
樹  齢  300年以上    600年   
実測詳細  

栃木県では有数なケヤキの巨樹と言えるだろう。
けやきの古木らしさは微塵もない樹形の持ち主で、若いケヤキをそのまま大きくした形を保っている。
樹高も特筆すべき点で、40m近い樹高を持つケヤキは現在では貴重な存在である。
全体的に樹勢が弱々しく感じられてしまうのだが、ケヤキ裏側に回って眺めると納得である。樹皮の半分ほどが失われており、正面から眺める姿とは趣を異にするのだ。
恐らく2本の合体木であると認められ、根元においてはほぼ癒着した形である。
関東平野の原野のまっただ中に完全な独立木として立っているのであるから、風による影響も無視はできないであろうか。
周囲をある程度の森に囲まれていたなら、このケヤキの辿った歴史も違っていたのかも知れない。


戻る