栃木県指定天然記念物九石のけやき 1本

所有者 九石雅司 昭和31年6月15日指定
樹高18メートル
目通り周囲7.3メートル
枝張り東西14メートル 枝張り南北15.3メートル
樹齢約800年

ケヤキはニレ科の落葉高木で、本州各地に自生し、栃木県内でも平地から山地に分布する。
この地(九石)は、元禄11年(1698)旗本梶川与惣兵衛照元の領地となって以来、梶川氏が領地巡視の際は必ずこの木の下で休み、 まれにみる大木であると称賛してからは、以後、この地を大木の下と称せよと命じたと言われる。
県下にはまれにみる古木であるにも関わらず樹勢盛んである。

栃木県教育委員会・茂木町教育委員会
 

栃木県の巨樹 全国の巨樹 ケヤキ一覧 関東甲信越のケヤキ 樹種別一覧 HOME 森の巨人100選

九石のけやき



九石(さざらし)のけやき
指 定 栃木県指定天然記念物
指定年月日 1956年6月15日 
所在地 栃木県芳賀郡茂木町九石
解説板 あり   詳細を見る
樹勢等 良好
特記事項    
お勧め度 ★★★☆☆
到達難易度 ★  下車後すぐ
撮影日 1999年9月8日
 環境省値  解説板値    実測値
幹  周   7.54m    7.3m   8.31m
樹  高     17m     18m   21.5m
樹  齢   300年以上     800年   
実測詳細 地上1.3m部分を計測 

大空洞と万歳をしているような枝。前々から気になっているけやきの一本であった。
栃木県南東部、茨城県境に近い那珂川沿いの丘陵上にある。
周辺は高原状の畑地が続く、長閑なところである。
ちょうど分かれ道の基点に立っており、その昔は行き交うものたちの憩いの場となったであろう。
空洞が大きく開いており、一部枯れてしまっている枝もあるが、心配していたほどの樹勢の衰えは感じられずに少々安心する。
主幹は落雷などにより消失したのであろうか、空洞のその時の名残であるのかもしれない。
そのひょうきんな容貌といい、名木に値するけやきの一本と言えるであろうか。
平成元年には、新たに作られた栃木県名木百選にも指定されている。



栃木県一覧全国一覧HOME |