台湾の巨樹 日本の県別巨樹 森の巨人100選 HOME

鹿林神木



他の写真を見る

鹿林神木
所在地 嘉義県阿里山郷阿里山第219林班
幹 周 20m
樹 高 43m
樹 齢 2800年   
樹勢等 良好 
特記事項  
お勧め度 ★★★★★★ ☆5つを通り越し6つ
到達難易度 道路より急坂を徒歩10分
撮影日 2006年1月1日   

18号線沿いにある、近年になって発見された台湾第2の巨大紅檜である。
急斜面にあるため全容を見ることは難しいが、歩道を進み、だんだんと大きくなって来る姿を眺めていると、これはもう木という範疇を越えているのでは?と思ってしまうほど巨大である。
日本で巨大なクスを何本も見ているが、やはりクスは幹の太さではなく根回りを測った大きさなのだと実感する。この紅檜は20mの幹がそのままの太さで上に向かっているのだから、迫力がまったく段違いなのである。
見た感じでは幹周20mというのは小さすぎの数値に思え、25〜6mくらいあるのではないだろうかと勘ぐってしまうほどであった。
発見当初の計測では22.5mと発表されていたところを見ると、急斜面のため誤差がかなり大きいようであり、正確な値を知りたいものである。
標高も2400mちかくあり、紅檜までの坂道のなんとつらいことか。紅檜の周囲にはウッドデッキが巡らされ、危険きわまりない場所にもかかわらず、安心して楽しめるのはありがたい。これだけの巨木に気軽に訪問できるのは何とも素晴らしいことだ。


戻 る