大イチョウ
静岡県指定天然記念物
昭和四十一年三月二十二日指定

根回り 六.一五m  目通し 七.一〇m
樹高 二四.〇m
枝張り 東西一八.〇m 南北一七.〇m
推定樹令 約四〇〇〜五〇〇年

幹や枝に乳状の下垂が多く付いているのが珍しい。乳の出ない人が願をかけると乳が出るようになるとゆう伝説がある。 


静岡県の巨樹 全国の巨樹 全国イチョウ一覧 東海北陸のイチョウ 樹種別一覧 HOME 森の巨人100選

大胡田天神社のイチョウ



他の写真を見る

大胡田天神社のイチョウ
指 定 静岡県指定天然記念物
指定年月日 1966年3月22日 
所在地 静岡県駿東郡小山町大胡田634
解説板 あり   詳細を見る
樹勢等 良好
特記事項 気根が多し  
お勧め度 ★★★★
到達難易度 ☆☆☆☆  下車後すぐ
撮影日 2008年4月16日
 環境省値  解説板値   実測値
幹  周   5.00m   7.10m   7.80m
樹  高     26m     26m     20m
樹  齢  300年以上       
実測詳細 高地面より地上1.3m地点を計測 

意外なのであるが、静岡県に10mを越えるような大きなイチョウは存在しない事に気が付いた。
その中でも黒俣のイチョウがもっとも見栄えのするイチョウであろうかと考えていたが、小山町に素晴らしいイチョウが存在していた。
気根の発達が素晴らしく、傾斜地から平地に移行する場所に位置しており、生育場所としては申し分ない。
おまけに周囲が水田と来ているから、これで気根が成長しないはずがない。
幹は株立ちとして見るべきであろうが、株立ちとはいえ想像以上の大きさで、幹全体の周囲は9mを越える大きさだ。
主幹とおぼしき部分を計測すると7.8mとの結果が出た。
これに根元で繋がっている株を加えると、遠目には巨大なイチョウとして見えるのだ。
ちょうど芽吹きの時期の訪問だったが、半円形の樹形は損傷も少なく、まさにパワーがみなぎっている様であった。
一目でお気に入りのイチョウとなったのは言うまでもない。


戻る