静岡県指定天然記念物

岡宮浅間神社のクス


指定 昭和44年5月30日

このクスの木は、この近辺には珍しい巨木で樹齢は千数百年と推定されています。樹勢は旺盛で樹姿も立派です。
クスの木は本州の関東以西、四国、九州、台湾中国に分布する常緑樹で、樟脳(防虫剤等)の取れる木として知られています。

開花期     5月〜6月
熟果期    10月〜11月
目通り      8.0メートル
根まわり   14.1メートル
高さ      21.0メートル
枝ぶり  東 20.6メートル
      西 12.3メートル
      南 10.4メートル
      北 15.0メートル

平成6年2月
静岡県教育委員会
沼津市教育委員会
 

静岡県の巨樹 全国 クス一覧 東海北陸のクス 樹種別一覧 HOME 森の巨人100選

岡宮浅間神社のクス





岡宮浅間神社のクス
指 定 静岡県指定天然記念物
指定年月日 1969年5月30日 
所在地 静岡県沼津市岡宮、岡宮浅間神社
解説板 あり   詳細を見る
樹勢等 良好
特記事項    
お勧め度 ★★☆☆☆
到達難易度 ★  下車後すぐ
撮影日 1999年4月5日
 環境省値  解説板値    実測値
幹  周   8.42m    8.0m   10.7m
樹  高     23m     21m     24m
樹  齢  300年以上   千数百年   推定600年
実測詳細 地上1.3m部分を計測 

沼津駅より北に3kmのところに岡宮浅間神社がある。
神社境内の真ん中を新幹線が貫いており、ひっきりなしに列車が通り過ぎる。おそらくクスも安心してはいられないだろうと同情してしまうくらいだ。
新幹線を境に沼津市街地の発達に差が出ているようで、宅地化がゆっくりと進行している北側に位置しているのも、何かの幸運かもしれない。
このクスは、日本におけるクスの代表的な標準樹形で、まったく癖のない素直な樹形である。根張りが広く、上部は三本の大枝に分かれており、枝分かれした付近の幹は胸高周辺よりも一回りほど太く、豊かに茂った葉は境内を広く覆っており、昼なお暗い境内を作っている。



静岡県一覧全国一覧HOME |