静岡市指定天然記念物(植物)

郷島浅間神社の大クス

指定年月日 平成七年一月二十三日
所 在 地 静岡市郷島三七三番地 浅間神社


樹 高   四三m   幹周(目通り) 一三m

枝 張   四〇m   樹齢   約一〇〇〇年

この大クスは市内でも屈指の大きさ、樹齢を誇る巨樹です。樹勢も良好で、またクスノキに見られる美しい樹形を呈しています。
 クスノキは、各地の暖地に多く自生する常緑高木で、木全体に特有の良い香りがあります。静岡県では、伊豆をはじめとして駿遠地方の暖地に多くみられます。
 材は、建築、造船、楽器、彫刻など多様に使われます。以前は防虫剤の代表だった樟脳もクスノキ材から作られました。

平成十二年三月 静岡市教育委員会                 


静岡県の巨樹 全国の巨樹 全国クス一覧 東海・北陸のクス 樹種別一覧 HOME 森の巨人100選

郷島浅間神社の大クス



他の写真を見る

郷島浅間神社の大クス
指 定 静岡市指定天然記念物
指定年月日 2005年1月23日 
所在地 静岡県静岡市郷島373
解説板 あり   詳細を見る
樹勢等 良好
特記事項   
お勧め度 ★★☆☆☆
到達難易度 ★  下車後すぐ
撮影日 2007年10月9日
 環境省値  解説板値   実測値
幹  周   13.0m   13.0m   
樹  高     20m     43m     33m
樹  齢   300年以上   1000年   
実測詳細 地上1.3m部分を計測 

静岡市北方、安倍川沿いの郷島集落にあるクスの巨樹である。
その存在はあまり知られておらず、この大きさでありながら市指定天然記念物で留まっている。
おそらく2本の合体木で、崖上から眺めると合体の姿が良く理解できる樹形である。
合体木であるが故に遠方から望む樹冠は雄大で、半円形の美しい樹冠を見せてくれる。
大きな枝を落とした痕跡があるが、基本的には治療痕なども目立たず、あるがままの姿で立っている感じである。
静岡市内とはいえ、周囲は完全な田園風景で環境も悪くない。
名木と言うにはとまどいを隠せないが、隠れた巨大クスと言っても良いだろう。


戻る