静岡県の巨樹 全国の巨樹 その他樹種一覧 東海・北陸その他樹種 樹種別一覧 HOME 森の巨人100選

東大寺のチーノキ




他の写真を見る

東大寺のチーノキ
指 定 無指定
指定年月日 − 
所在地 静岡県賀茂郡河津町峰、東大寺
解説板 なし   
樹勢等 良好
特記事項 チーノキとは、ホルトノキの別称  
お勧め度 ★★★☆☆
到達難易度 ☆☆☆  下車後徒歩5分ほど
撮影日 2007年12月12日
 環境省値  解説板値   実測値
幹  周       目測 6m
樹  高         
樹  齢        
実測詳細 地上1.3m部分を計測 

珍しいホルトノキの巨木であり、大きさも全国有数の大きさを誇っているのだが、指定は一際されておあらず完全に放置状態であるかのようだ。
おそらく全国でも5本の指に入るホルトノキであると思われるのだが・・・・
 河津駅から河津七滝・天城峠方面へと進み、峰温泉の大噴湯を超え、町並みがそろそろつきかけるかと思われる頃、左手の山裾に東大寺が見え隠れしてくる。
 ホルトノキは山門脇の斜面に立っており、全体的にこぢんまりとしたホルトノキの巨樹が多い中でも、この木は樹冠を大きく広げており、雄大な樹形を誇っている。特に東側に張り出した枝は生育も盛んなようで、樹下を流れる用水路を越えて、対岸の道路にまで届きそうな勢いである。
 ホルトノキに特徴的な樹皮の細かい皺もまだ発達しておらず、まだまだ若い個体であるようにも見える。
 社前の急な崖地にあるために幹周などの詳細な計測は適わなかったが、幹周は6mほどの太さがありそうで、これは全国でも4位ほどの大きさとなるはずである。
 環境省の巨樹データベースには全く掲載はなく、完全に漏れてしまっており市町村などからの指定も全く受けていない。
ホルトノキ自体がマイナーな木であることは否めないが、何らかの保護手段が執られても良さそうな木と思われるのであるが・・・・。
少なくともホルトノキとしては、最高の名木の一本と言っても良さそうであり、少々残念な思いである。
 伊豆地方ではホルトノキのことをチーノキと呼ぶが、これは多分葉の中に赤い葉が混じることから「血の木」と呼ばれるからであろう。伊豆諸島ではチギと呼ばれ、これはチギ=血木、またはチギノキと呼ばれていることからも間違いなさそうである。


戻る