智満寺の十本杉県指定天然記念物

智満寺周辺には杉の巨木がうっそうと生い茂っています。中でも特に大きなものが十本杉と呼ばれ、昔から親しまれてきました。
これらはいずれも、八百年から千二百年を経たものと推定されています。

名称   目通り太さ   高さ    伝承等

頼朝杉  九・七m   三十六m   源頼朝のお手植えという。
子持杉  台風で倒れたため現在は残っていない。
開山杉  開山広智菩薩のお手植えという。目通りが十一メートル
       もあったが、幹が折れ、現在は根元だけが残っている。
雷  杉  八・五m   三十六m   木の形が雷神の怒りに似ている。
常胤杉  七・二m   三十 m   千葉常胤のお手植えという。
経師杉  七・三m   三十六m   千葉太郎経師のお手植えという。
一本杉  八・五m   四十五m   本山中最も高い杉である。
盛相杉  七・八m   四十 m   盛相(行者)のお手植えという。
達磨杉  七・〇m   三十 m   根が太くダルマに似ている。
大  杉  九・五m   四十 m   自然に呼称された。
                       (数字は指定当時)

一九六四(昭和三九)年六月二九日、国の天然記念物に指定されています。

島田市教育委員会


静岡県の巨樹 全国の巨樹 全国スギ一覧 東海・北陸のスギ 樹種別一覧 HOME 森の巨人100選

達磨杉



他の写真を見る

達磨杉
指 定 国指定天然記念物
指定年月日 1962年6月29日 
所在地 静岡県島田市相賀
解説板 あり   詳細を見る
樹勢等 良好
特記事項   
お勧め度 ★★★☆☆
到達難易度 ★★★☆☆  下車後徒歩30分
撮影日 2007年10月9日
 環境省値  解説板値   実測値
幹  周    7.0m    7.0m   7.45m
樹  高     30m     30m     28m
樹  齢  300年以上 800-1200年   
実測詳細 地上1.3mを計測 

千葉山山頂の奥の院から右に折れ、大杉をかすめて進むと見えてくるスギ。
幹の途中から二股に分かれた、スマートなスギである。
以前はなんの変哲もないスギだと思っていたが、下から見上げると、そこには怒りの形相が存在していた。
何度となく訪問していたのだが、これは気がつかなかった。
山頂台地に到着してまずは大杉、そして次がこの達磨杉・・・というように回ることになるであろうか。
18年ぶりに幹周の計測を行ったところ、89年には7.20mだったものが7.45mにまで成長していた。
見た目には何ら変化がないが、ゆっくりとそして確実に成長を続けているようだ。


戻る