埼玉県指定天然記念物
脚折のケヤキ

所在地    鶴ヶ島市脚折町 白髭神社境内
指定年月日 昭和七年三月三十一日
概要      幹回り  七メートル
        樹高  十七メートル
        樹齢  九百有余年

 この大けやきが指定された昭和七年当時は、樹高約三十六メートル、枝も二十数メートル四方に生い茂っていた巨木であった。 しかし、昭和四十七年に風雨と自らの重みで枝回り三メートルもの大枝が折損し、中心となる幹の三分の一を裂き落下したため、 翌年腐食防止及び支柱工事を行った。
 また、平成六年・七年には、樹木医による腐朽部分の除去や殺菌剤の塗布、土壌改良等の樹勢回復の措置を行った。

平成八年 八月一日

  埼玉県教育委員会
  鶴ヶ島市教育委員会

埼玉県の巨樹 全国の巨樹 全国ケヤキ一覧 関東甲信越のケヤキ 樹種別一覧 HOME 森の巨人100選

脚折のケヤキ




他の写真を見る

脚折のケヤキ
指 定 埼玉県指定天然記念物
指定年月日 1932年3月31日 
所在地 埼玉県鶴ヶ島市大字脚折6丁目
解説板 あり   詳細を見る
樹勢等 良好
特記事項   
お勧め度 ☆☆☆☆
到達難易度 ☆☆☆     下車後すぐ
撮影日 2009年10月15日
 環境省値  解説板値   実測値
幹  周   7.49m    7.0m    7.9m
樹  高     17m     17m   20.5m
樹  齢  300年以上    900年   
実測詳細 地上1.3m部分を計測 

h比較的行きやすい場所にあったケヤキなのだが、何故か二十年以上も訪問できないままのケヤキであった。
ご覧の通りの姿で、ケヤキには大変失礼な言い方ではあるが、樹木というよりは何かのサイボーグであるかのようだ。
大枝が1本命ををつなぎ止めている状況で、主幹の周囲はほぼ半身をウレタン樹脂にて覆われており、見栄えよりも治療を優先した結果なので致し方のないところであろう。
かつては壮大な樹冠を誇っていたようであるが、残念ながら現在の姿からは想像もできないのだ。
 ケヤキは神社本殿の裏手に位置し、竹やぶなどが生い茂り面積は小さいながらも鬱蒼と茂った環境の中にあるが、裏手の道路を挟んですぐそばにまで市街地が迫ってきている状況だ。
 ほとんど引きがない状況での撮影で、良いアングルが取れないのが実情。ヤブ蚊や蜘蛛などの天敵と格闘しながらの撮影となるわけで、こちらも精根尽き果ててしまい撮影放棄と相成った。
 武蔵野台地を代表する樹種でもあるケヤキ。もうこのケヤキにさらなる生長を期待するのは酷であるが、関東を代表するケヤキとして、何時までもこの地に残っていてもらいたいものだ。


戻る