越沢稲荷の大スギ

スギ科の常緑高木。建築材として広く植えられ、特産の建具の材料にもなっている。たいていは三〇年から五〇年で伐採されるが、巨木として保護されているものも少なくない。
このスギは萩日吉神社(西平)の児持杉に次ぐ大きさで、地面に着くほど垂れ下がった枝に特徴がある。越沢稲荷のご神木として親しまれている木である。

※幹回り6・05m(二〇〇二年計測)

埼玉県の巨樹 全国の巨樹 全国スギ一覧 関東甲信越のスギ 樹種別一覧 HOME 森の巨人100選

越沢稲荷の大スギ



他の写真を見る

越沢稲荷の大スギ
指 定 なし
指定年月日  
所在地 埼玉県ときがわ町椚平
解説板 あり   詳細を見る
樹勢等 良好
特記事項   
お勧め度 ★★☆☆☆
到達難易度 ★★☆☆☆  下車後徒歩10分
撮影日 2007年8月13日
 環境省値  解説板値   実測値
幹  周       6.05m   6.21m
樹  高               25m
樹  齢         推定400年
実測詳細 地上1.3m部分を計測 

掲示板でお教えいただいたスギであり、環境省調査からは漏れてしまっている個体であるが、近年ときがわ町のPRでその名を知られるようになってきている。
ときがわ町の南西部の椚平集落の高台にある大スギで、越沢稲荷の参道脇にある。
東側の枝は植林されたスギに邪魔され成長を阻害されているが、西側の枝は健全に枝を伸ばしており、凄まじいばかりの繁茂ぶりである。下部の枝は下垂気味で、更に大きくなる将来は逆さスギと呼ばれそうな雰囲気である。

場所が少々わかりづらく、椚第二小学校付近に車を停め、そのまま歩いて向かうのが良いだろう。
車でも近くまでは行けそうであるが、保証はいたしかねるような道であることを記しておく。


戻る