埼玉県指定天然記念物 

国神の大イチョウ
大正15年3月31日指定
所在地 皆野町大字国神字国神577

 イチョウの樹齢は約700年と推定され、幹周は8.2m、樹高22.7m、枝張り南北16.3m、東西12.7mです。 環境庁の巨樹・巨木林調査(1991年)によれば、埼玉県内の巨樹では第9位、樹種をイチョウに限れば第4位の大きさです。県内において老大木として優位の地位を占め、 地方的に見て保存の価値あるものです。
 神酒は大部分枯損しましたが、樹皮に原木の姿が見られます。中から多くの幹を出し、また根元から多くの枝芽を伸ばし、一大株となっています。
 このイチョウの周囲には、数基の古墳があったと伝えられ、『秩父郡誌』にも「古き公孫樹の枯朽せし根より族生し数幹繁茂し、宛として一森林の観をなす。 此の所に両墓あり。墓の面積各々二十坪。知知父彦命、知知父姫命の墳墓と伝えらるれども今は墳形を認めず」とあるように、もと知知父彦命の墓のほとりに植えられた 木だといい伝えられています。
 また、知知父彦命の墓のほとりに植えられたイチョウは、このイチョウの東南東約150mのところにあり、やはり大木です。ともに郷土の宝として、末永く保存しましょう。

平成8年3月31日
埼玉県教育委員会
皆野町教育委員会


埼玉県の巨樹 全国の巨樹 全国イチョウ一覧 関東甲信越のイチョウ 樹種別一覧 HOME 森の巨人100選

国神の大イチョウ




他の写真を見る

国神の大イチョウ
指 定 埼玉県指定天然記念物
指定年月日 1926年3月31日 
所在地 埼玉県秩父郡皆野町国神字国神
解説板 あり   詳細を見る
樹勢等 良好
特記事項   
お勧め度 ★★☆☆☆
到達難易度 ☆☆☆☆  下車後すぐ
撮影日 2009年4月13日
 環境省値  解説板値   実測値
幹  周   8.20m   8.20m   8.26m
樹  高     22m   22.7m   24.5m
樹  齢  300年以上    700年   
実測詳細 地上より高さ1.3m地点を計測 

皆野町中部、宝登山南麓のなだらかな丘陵地上にある雄のイチョウである。
古い時代に根元付近から主幹が折れてしまったようで、ヒコバエが群生して一本のイチョウとしての体を成している状態だ。
夏場の多くの葉によって幹が隠される時期は良いが、冬場の葉のない時期に訪問すると少々寂しい姿に映るようだ。
周囲には数基の古墳が存在していた(解説板による)とされるが、古墳マニアの私にとっては興奮ものなのだが、一基の痕跡も見いだせないのには、大いにがっかりであった。
10年ほど前に訪問したことがあるのだが、その時と比べて周囲の開発が進んでしまい、まったく別の場所ではないか?と錯覚するほどの変貌ぶりであった。
近くにはもう一本のイチョウも存在するが、こちらも迫力という面では今ひとつな感がしないでもない。
付近に駐車スペースはほとんど無く、100mほど離れたぽっくり観音様に駐めさせていただいた。


戻る