●●
●●


●●

正法寺の大銀杏




正法寺の大銀杏
指 定 東松山市指定天然記念物
指定年月日 1974年7月10日 
所在地 埼玉県東松山市岩殿1229
幹 周 11.1m (主幹 2.85m)    ※1
樹 高 20m
樹 齢 300年以上   
解説板 なし                  
樹勢等 良好
特記事項 環境省は株立ちとしている。  
   
幹周(実測) 10.9m
樹高(実測) 31m
お勧め度 ★★★★ 
到達難易度          車を下車後徒歩5分
撮影日 2005年9月21日

東松山市西部、関東平野が武蔵野丘陵として立ち上がる、ちょうどその境界点に位置するイチョウ。
環境省は株立ちの巨樹として、主幹の太さを2.85mとしているが、幹の形からして1本の幹として扱っても良いだろうと思う。
おそらく人手によって岩の上に寄せ植えされたものと思われるが
、よくぞここまで無事に成長したものである。
その根の荒ぶる表情は日本中のどのイチョウよりも凄まじく、まるで無数のヘビが絡み合っているようなおどろおどろしい表情を見せる。
ある意味、関東ではもっともインパクトのあるイチョウであるかもしれない。

※1 環境省資料による

埼玉県一覧全国一覧HOME |