大阪府指定天然記念物 
百舌鳥のくす


指定年月日  昭和四五年二月二〇日
胸 高 径   二.七メートル
幹   周   十.一メートル
樹   高   十三メートル

どっしりとした太い幹を大地に根ざし、広く空を覆った百舌鳥のくすは、この地が開墾された江戸時代のはじめ頃から、雨乞いの効験あらたかな霊木として祀られてきました。
くすの木は日本でもあたたかい地方に多く生息する常緑樹で、市内ではしばしば社寺や旧家などでその大木を目にすることができます。 なかでもこのくすは、樹齢が八百年とも千年ともいわれ堺屈指の巨樹として知られています。
厚い樹皮に覆われ、洞の大きくあいた幹などのその神秘的な姿は、今なお人々に親しまれ、眼下に流れる歴史の移り変わりをいつまでも見守りつづけています。

平成四年三月 大阪府教育委員会
          堺市教育委員会
 

大阪府の巨樹 全国 クス一覧 近畿のクス 樹種別一覧 HOME 森の巨人100選

百舌鳥のくす





百舌鳥のくす
指 定 大阪府指定天然記念物
指定年月日 1970年2月20日 
所在地 堺市北区中百舌鳥4丁535
解説板 あり   詳細を見る
樹勢等 やや不良
特記事項    
お勧め度 ★★☆☆☆
到達難易度 ★  下車後すぐ
撮影日 1998年10月11日
 環境省値  解説板値    実測値
幹  周   7.27m   10.1m    
樹  高     13m     13m   
樹  齢  300年以上    1000年   
実測詳細 地上1.3m部分を計測 

南海高野線の中百舌鳥駅西方400mほどの所にある、大阪でも有数のクスノキの巨木。
個人所有となっており、以前は見ることもままならなかったが、現在は兵の位置が移動され自由に見学が可能となっている。
所有者でもある筒井家の皆様には、感謝を申し上げたい。

見る方向によっては健全にも見えるが、裏に回ると大きな空洞が幹を二分してしまっている。
残った幹には葉もよく茂らせており、まだまだ樹勢は健在であることを知らせてくれる。大阪府の市街地の中にあるクスノキの巨木としては貴重な存在であろう。
近いうちに再訪したいクスノキである。



大阪府一覧全国一覧HOME |