青谷町指定天然記念物
子守神社の大イチョウ

大イチョウ (推定樹齢500年)
樹  高   45m
目通り周囲  7m
根元回り   10m

倉垣天満宮のイチョウ



 

倉垣天満宮のイチョウ
指 定 大阪府指定天然記念物 
指定年月日 1938年5月11日  
所在地 大阪府豊能郡能勢町倉垣
幹 周 8.9m                      ※1
樹 高 20m 
樹 齢 300年以上                
解説板 あり                
樹勢等 良好
特記事項 雌株 
   
幹周(実測) 8.43m
樹高(実測) 23.5m
お勧め度 ★★☆☆☆ 
到達難易度  車を下車後徒歩5分
撮影日 2001年8月24日

大阪府北部の町能瀬町。ダイオキシン汚染問題で全国的に有名となってしまったが、訪問してみると実にのどかで緑豊かな町であった。巨樹としては野間のケヤキが全国にも名を知られているが、もう一本忘れてはならないのが倉垣天満宮のイチョウである。
おそらく二本が合体したもので、雌株のなかなか気品ある樹姿である。
心なしか神社が寂れている印象を受け、木の方も手つかずの状態に見えるのが少々残念であった。信仰心が稀薄になってしまった現在では、仕方がないのかもしれない。

※1 環境省調査による

大阪府一覧全国一覧HOME |