石垣市「緑の戸籍簿」登録樹種

所有者:石垣市
樹種名:オオバアコウ(方言名アコー)
科 名:クワ科
樹 齢:推定200〜300年

              石垣市
 

沖縄県の巨樹 全国の巨木一覧 アコウ一覧 九州沖縄のアコウ 樹種別一覧 HOME 森の巨人100選

真乙姥御嶽のオオバアコウ




他の写真を見る

真乙姥御嶽のオオバアコウ
指 定 石垣市 「緑の戸籍簿」
指定年月日  
所在地 沖縄県石垣市新川252
解説板 あり   詳細を見る
樹勢等 良好
特記事項    
お勧め度 ★★☆☆
到達難易度 ★  下車後すぐ
撮影日 2007年3月13日
 環境省値  解説板値    実測値
幹  周   12.0m      
樹  高     12m        
樹  齢   200-299年        
実測詳細 地上1.3m部分を計測 

西表のツアーから戻って、飛行機の時間までに3時間ほどの余裕があるので立ち寄ってみた。
「まいつば」と読むことができずに、道を尋ねるにも相当な苦労をしたが、何とか到着できた。
何のことはない、街の真ん中に立っているアコウの巨木であった。真乙姥御嶽は石垣市内ではもっとも格式の高い御嶽のひとつだそうで、町中ながらも境内は神聖な雰囲気に包まれているようだ。
裏に回ると3本の幹からなっているように見え、実測はできなかったが幹周10m強といったところだろう。絞め殺された親木がここにあったのであろうか。
アコウには、どこのアコウに行っても、絞め殺された木の怨念を感じさせる雰囲気が満ちているようだ。


戻る