名護のひんぷんガジュマル

(通称:ひんぷんがじまる)
国指定天然記念物 平成9年9月2日指定

「ひんぷん」とは屋敷の正門と母屋との間に設けられた屏風状の塀のことで、外からの目隠しや悪霊を防ぐものといわれます。乾隆15年(1750年) 具志頭遷論議を鎮圧するため、三府龍脈碑を建てました。この石碑がひんぷんのように見えることから「ヒンプンシー」と名付けられ、その隣に生育するガジュマルも いつしか「ひんぷんがじまる」と呼ばれるようになりました。
ガジュマル(Ficus microcarpa L,f,)はクワ科の常緑高木で、屋久島以南の亜熱帯から熱帯にかけて分布し、沖縄では屋敷林、緑陰樹として広く植栽されています。 漢名は榕樹で、幹はよく分岐して枝葉は四方に繁茂し、垂下する気根は地上に降りて幹となり広く美しい樹冠をつくっていきます。
ひんぷんがじまるは、推定樹齢280年〜300年、樹高19m、胸の高さでの幹周囲は10m、樹冠の広がりは長いところで直径30m、堂々とした 容姿は市のシンボル、そして街のひんぷんの役割を担っています。ひんぷんがじまるの特異な景観は古くから衆目の的になり、写真におさまる周辺の様子で 街の移り変わりを知ることもできます。名護の街の移り変わりを見てきたひんぷんがじまるは、まさに「市民の木」です。

※文化財の現状を変更したり、保存に影響を及ぼす行為は、条例及び法律で禁じられています。
平成12年(2000年)3月  名護市教育委員会
 

沖縄県の巨樹 全国の巨樹 ガジュマル一覧 九州沖縄のガジュマル 樹種別一覧 HOME 森の巨人100選

ひんぷんガジュマル




他の写真を見る

ひんぷんガジュマル
指 定 名護市指定天然記念物
指定年月日 1990年11月19日 
所在地 沖縄県名護市名護299
解説板 あり   詳細を見る
樹勢等 良好
特記事項 名護市商店街の入り口に立つ。
お勧め度 ★★☆☆☆
到達難易度 ★  下車後すぐ
撮影日 2007年3月15日
 環境省値  解説板値    実測値
幹  周  13.62m   10.0m     11m
樹  高     19m     19m     15m
樹  齢   200-299年  200-300年   
実測詳細 地上1.3m部分を計測 

沖縄にある巨木の中では、おそらくもっとも知られた存在の巨木であろう。
様々な写真や雑誌で見るとおりの、道の真ん中に「でんっ」と立っている期待を裏切らない見事なガジュマルではあった。
ガジュマルでここまで整備、保護されている物は大変珍しく、街の景観と一体となって生育しているかの印象が強い。
名護の方もまた、この木は街のシンボルと考えているのであろう。ただ、野生のガジュマルと比較すると迫力が今ひとつなのは間違いない。
野性味豊かで、訳の分からない樹形(失礼!)がガジュマルの真骨頂だと考えている私には、あまりにも優等生に見えてしまうのだ。上から降りてくる気根も、車の通行の妨げにならぬよう剪定されているのではないだろうかと、いらぬ事まで詮索してしまいそうである。
沖縄では最大クラス・・・・と考えていたが、町中にある巨大ガジュマル、ということで自分の中では落ち着きそうだ。


戻る