郷土記念物(四本杉)

昭和54年2月13日指定 名称 四本杉
兵庫県告示第334号
所在地 多紀郡笹山町辻字鶴沢

この四本杉は古くから「鎮守の森」として人々から親しまれいまでは「稲荷の森」として神木になっています。
胸高周八.九米 枝張り東西約二五.二米 南北約一八.五米の巨木であり、 各々の幹は約三十米の樹高である
この四本杉のような樹形はきわめて珍しく、また老樹巨幹でありながら樹勢も旺盛であるので、今後末長く県民に親しまれることを期待し郷土記念物に指定された。

篠山町

岡山県の巨樹 全国の巨樹 ケヤキ一覧 中国・四国のケヤキ 樹種別一覧 HOME 森の巨人100選

半田のケヤキ



 

半田のケヤキ
指 定 美甘村指定天然記念物
指定年月日 1994年12月16日 
所在地 岡山県真庭郡美甘村半田
幹 周 8.50m                ※1
樹 高 17m
樹 齢 750年
解説板 あり               
樹勢等 良好
特記事項 根本にはカタクリ、翁草が   
幹周(実測) 6.91m
樹高(実測) 14.5m
お勧め度 ★★☆☆☆ 
到達難易度   下車後すぐ
撮影日 2002年4月9日

美甘村北部、半田にあるケヤキの巨樹。
古くに落雷に遭い、樹の上半分を失ってしまったために、高さ3mほどのところから新たな枝が萌芽し、独特な樹形を誇っている。
近在の寄水のケヤキと同様、同じ樹木医の手によって治療がなされ、傷んでいた主幹部分も綺麗に手当がなされている。
根元には持ち主の方が翁草やカタクリなどを植え、大切に保護されていると同時に、見物に来る方の目を楽しませてくれている。
撮影していると「どうぞ、いらっしゃい」と声がかかり、コーヒーを御馳走になってしまった。夕暮れのシルエット撮影をねらい、長時間粘っていた甲斐があったようだ。持ち主の方には感謝です。

※1 現地解説板による

岡山県一覧全国一覧HOME |