牧村指定文化財
天然記念物大ケヤキ(老いの木)


平成二年三月二十七日指定
牧村教育委員会

老いの木




老いの木 (ケヤキ)
指 定 牧村指定天然記念物 (上越市)
指定年月日 1990年3月27日 
所在地 新潟県上越市牧区高尾
幹 周 7.20m                ※1
樹 高 20m
樹 齢 伝承800年   
解説板 あり(樹名板)            詳細
樹勢等 大枝枯損
特記事項   
   
幹周(実測) 8.19m
樹高(実測) 32m
お勧め度 ☆☆☆ 
到達難易度  
撮影日 2005年10月15日

旧安塚町との境に近い高尾集落。かなり山奥の印象だが、意外なほどに開けた土地に数件の家が集中している。その集落の中心に琴昆沙神社があり、境内の片隅に御神木の「老いの木」が立っている。
主幹から別れていた大きな幹が折れてしまい、樹形を損なってしまったのが悔やまれる。深い積雪ゆえの損傷であろうか。
幹は深い緑色をした苔に覆い尽くされており、いかにも古木然とした姿は印象的だ。
境内は綺麗に掃き清められ、今でも集落の守り神として神社が大切にされているようで、古き良き日本を垣間見た気がする。

※1 環境省資料による

新潟県一覧全国一覧HOME |