婆羅門杉

推定樹齢八〇〇年
幹回り六・八米

言い伝えによると、この御神木の杉に生命力を頂き、御本尊秘仏十一面観世音菩薩様に願い事をして祈願護符を受け、再び杉に手を当て願いを込めると 大願成就すると伝えられている。

本尊様
(聖武天皇と婆羅門僧正との合作と言い伝えられる秘仏十一面観音立像)



奈良県の巨樹 全国の巨樹 全国その他樹種 近畿地方のスギ 樹種別一覧 HOME 森の巨人100選

婆羅門杉



他の写真を見る

婆羅門杉
指 定 無指定
指定年月日  
所在地 奈良県天理市福住町別所265
解説板 あり   詳細を見る
樹勢等 良好
特記事項   
お勧め度 ★★★☆☆
到達難易度 ☆☆☆☆  下車後すぐ
撮影日 2008年7月19日
 環境省値  解説板値   実測値
幹 周  右
      左
  7.00m
  5.00m
  6.80m
  7.22m
  5.32m
樹 高  右
      左
    48m
    43m
         35m
  33.5m
樹  齢  300年以上
300年以上
      
実測詳細 地上1.3m地点を計測 

名阪国道の福住インターを降り、北へ3kmほど進むと別所の集落に達する。北へは狭い峠越えの道へと変わるので車の数も少なく、長閑な山村といった風情だ。
ここの集落から西の山を望むと大きなスギの梢が見えるが、これが婆羅門杉である。
その名称に心底惹かれ、かねてから訪問したい巨樹であったが、2008年の初夏に実現した。
それは想像通りの迫力に満ちあふれた文句なしのスギであった。
一見廃寺のようであったが、寺に並び立つ民家からはテレビの音が聞こえてくるのでひと声掛けると、中から老婆が出てきて婆羅門杉の由来などを聞かせてくれた。
向かって右側のスギが一回り大きく、その樹形はまるで台湾にある紅檜と瓜二つ。樹皮の色もまるで紅檜である。
もしかして・・・・と思い、葉を見るがやはりそれはスギであった。
中央を通る石段は、スギの成長にともない盛り上がるものあり、傾くものありといった感じで、味わい深いものとなっている。
これだけのスギでありながら無指定なのは何か解せないものがある。天理市にはひと言申し上げたい気持ちになったのは正直なところである。
関西地方の隠れたスギの名木と言っても良いだろう。


戻る