女夫木の大杉 





女夫木の大杉
 
指 定 国指定天然記念物
指定年月日 1975年6月26日 
所在地 長崎県諫早市夫婦木
幹 周 10m                 ※1
樹 高 31m
樹 齢 伝承600年             
解説板 あり  詳細を見る
樹勢等 大枝枯損全
特記事項 治療痕跡あり。真鍮板が痛々しい 
幹周(実測) 8.4m
樹高(実測) 29.5m 
撮影日 1998年1月1日

諫早市南部、夫婦木集落にあるスギの巨樹。
かつては2本のスギが並び立ち、夫婦木の名称が付けられたもの。現在の地名である夫婦木も、このスギから付けられたものであろう。
度重なる落雷により幹が裂け、ご覧のとおりの姿となった。かなりの衰弱ぶりであり、治療の方法も一昔前の様式に見える。非常に心配されるところ。

※1 環境省調査による


長崎県一覧全国一覧HOME |

 

Copylight(C) Hiroshi Takahashi 2003-2004. All rights reserved.