矢立て木

大鹿村指定天然記念物
昭和61年2月1日指定
長野県下伊那郡大鹿村矢立木

幹周    5.8m
樹高     42m
樹齢    450年

ヒノキ科に属するサワラの巨木。
サワラはヒノキよりも水に対して耐える特徴があり、風呂桶などには普通サワラが利用されます。
樹形も、根元から上部まで同じ太さで伸びる特徴を持ち、重量感豊かな樹形をしているといえるでしょう。

矢立て木の由来は、戦国時代の武将が、この木に矢を射立てて武運を祈ったことから付けられた名称であるという。
周辺は現在では訪れるものもなく、ひっそりと静まりかえっている。


長野県一覧全国一覧HOME |

Copylight(C) Hiroshi Takahashi  2003. All rights reserved.