白沢のオオグリ





白沢のオオグリ
 
指 定 長野県指定天然記念物
指定年月日 1962年7月12日 
所在地 長野県伊那市西春近白沢
幹 周 6.1m                ※1
樹 高 11m
樹 齢 300年以上
解説板 あり     
樹勢等 空洞があるも、おおむね良好
特記事項  
幹周(実測) 5.9m                
樹高(実測) 9m
撮影日 2002年11月7日

伊那市南部、宝剣岳の麓にあるクリの巨樹。
自生のクリではなく、人の手によって植えられたものであると伝えられる。
明治初年に火災に遭い側面を焦がしてしまい、現在は空洞と化してしまっているが、樹勢には影響がないようである。
かつては中央アルプスの緩やかな裾野上の恵まれた環境下に育ったのであろうが、現在は周囲を建物などに囲まれ、決して良い環境とはいえない状況となっている。
しかし日本有数のクリの一本であることには変わりない。

※1 現地解説板による



 |長野県一覧全国一覧HOME |


Copylight(C) Hiroshi Takahashi 2003. All rights reserved.