逆公孫樹




公孫樹 
大鹿村指定天然記念物
昭和61年2月1日指定
長野県下伊那郡大鹿村入沢辺

幹周    8.2m
樹高     20m
樹齢    920年 

南アルプスを望む入り沢辺集落内にある雄株のイチョウ。
片側にだけ大きく枝を伸ばした姿と、よじるような姿の幹はなかなか名木の雰囲気を漂わせており、樹齢は920年以上を経ているとのことだ。実際にはもっと若いようで600年前後が妥当な線だろうか。
お堂の前にはお手玉風のオッパイが奉納されており、中にはリアルに色を塗ったものさえ見かけほほえましい光景だ。
イチョウの全国に共通した風習の一つ、乳授けの伝説がここにも語り継がれてきたことが確認できる。


長野県一覧全国一覧HOME |

Copylight(C) Hiroshi Takahashi  2003. All rights reserved.