センペルセコイアの大木(長泉院)


長野県の巨樹 全国の巨樹 その他樹種一覧 関東その他樹種一覧 樹種別一覧 HOME 森の巨人100選

宮脇のハリギリ



他の写真を見る

宮脇のハリギリ
指 定 長野県指定天然記念物
指定年月日 1962年7月12日 
所在地 長野県上伊那郡箕輪町東箕輪長岡
解説板 あり
樹勢等 やや不良
特記事項    
お勧め度 ★★★★
到達難易度 ★  下車後すぐ
撮影日 2004年7月25日、2006年9月29日
 環境省値  解説板値 実測値
幹  周    6.2m        6.1m
樹  高     30m         
樹  齢  300年以上       
実測詳細 地上1.3m部分を計測 

もうかれこれ4回ほど訪問しているが、いつ行ってもなかなか上手く撮影できない木の一本である。
幹回りは6m強という、それほどの巨木ではないはずなのであるが、この木の下に立つといつも圧倒されてしまうのが常である。
樹高はかなり高いのだが、残念ながらいつも仕事関連での訪問で、いまだに樹高も測れずじまいである。実測したならば、おそらく35m程度であろうか。
幹の太さは全国3位とのことだが、これほどまでの迫力を持つハリギリは他にはちょっと無いであろうか。
残念ながら樹勢は良好とはいえず、かなりの大枝を落としてしまった状態である。ワイヤーによって支えられている姿は少々痛々しく映ってしまう。
社殿を挟んで幹周4.5mのホオノキが並び立ち、境内には6mほどのスギも林立するが、長岡神社にとっての御神木は紛れもなくこのハリギリであろう。
ほぼ同じ幹周を持つスギの存在感がまったく消えてしまった感があり、スギの存在は可哀想なほど。
それほどハリギリの存在感は圧倒的である。


戻る