長野県の巨樹 全国の巨樹 全国ケヤキ一覧 関東甲信越のケヤキ 樹種別一覧 HOME 森の巨人100選

伊和神社の大ケヤキ




他の写真を見る                                        

伊和神社の大ケヤキ
指 定 松本市指定天然記念物
指定年月日 1975年11月11日
所在地 長野県松本市大字総社539
解説板 あり   
樹勢等 極めて不良
特記事項 ステンレス製の頑丈な柵が設置済  
お勧め度 ★★☆☆☆
到達難易度 ☆☆     下車後すぐ
撮影日 2016年12月13日
 環境省値  解説板値   実測値
幹  周 - 10.0m 10.61m
樹  高   18m
樹  齢   1000年   
実測詳細 地上1.3m部分を計測 

  松本城からほぼ真東に2km地点、伊和社が鎮座しています。
総社(そうざ)の地名からもお分かりの通り、かつてここには総社があったとされている地でもあります。
 伊和神社の境内にはケヤキの大木が生い茂り、中でも入り口左右にある2本と、拝殿手前にある1本がとりわけ大きいようです。
  入り口の鳥井脇にある2本は、かつては県指定天然記念物の指定を受けていたそうですが、樹勢の衰えが進んだことにより解除され、現在は松本市天然記念物の指定となっています。
  2本ともに相当傷みが激しく、主幹は背でに失って樹皮もボロボロ、数本の枝が生きている状態に過ぎないように見えます。
 厳重な槍の付いたような柵に囲われており、根元部分には一切立ち入り禁止状態で、12角形ほどの作り込まれた大きな木製の傘で上部からの水の侵入を防いでいる状態です。
  ほとんど樹皮の一部分しか生きておらず、今後の見通しは明るくはありませんが、10mクラスのケヤキが2本残るのはかなり貴重で、他には著名なもので山梨県の根古屋神社の大ケヤキくらいなものでしょうか。

 環境省のデータベースの管理作業をしている影響もあって、以前、伊和神社の近くに住む方から是非とも調べに来て欲しいとお願いされたことがありました。それ以来ずっと気になってはいたのですが、なかなか訪問する機会に恵まれず、2016年の年末も迫った時期にようやく念願が叶い訪問。
 その方がおっしゃっていた幹周14mはありませんでしたが、なかなかの太さを持つケヤキに関心しきりでした。
 長野県には10mクラスのケヤキが多数存在しており、しかもほとんどが世にその存在を知られていないものが多い状況。
 まだまだ出会っていないケヤキの巨樹も多数で、私自身楽しみにしている部分もあるのです。


戻る