円通寺のサワラ

長野県駒ヶ根市南割 円通寺

幹周    7.3m
樹高     16m
樹齢  推定600年

中央アルプス麓、宝剣岳からの扇状地上に乗るサワラの巨樹。
所在を聞いても誰もが知らず、地元住民の方の記憶からも、まったく消え去ってしまった樹であるようだ。探し当てるのにかなり右往左往してしまった。
円通寺とは言っても、現在は墓が残るのみで、寺の形跡などまったく残っていない。根元は荒れ放題で、ゴミ置き場のような状況にあり、これでは樹が可哀想である。
少々傾き気味の樹姿が、南アルプスの山々のバックに映え、最高のロケーションだけに残念である。


長野県一覧全国一覧HOME |

Copylight(C) Hiroshi Takahashi  2003. All rights reserved.