秩父杉と狛犬
(国指定重要文化財と天然記念物)

当宮は鎌倉幕府の信仰が厚く、文治年間源頼朝は秩父の豪族畠山重忠を代参として天下泰平の御祈願に参詣しました。
重忠公手植の杉は”秩父杉”と号けて今なお社頭に高くそびえ、千古の歴史を伝えております。
目通  (三十尺)九メートル) 高さ  (一八〇尺)五十五メートル)
樹齢 (約八〇〇年)
尚、源頼朝公寄進の社宝鉄製の狛犬一対は世にすぐれたる鎌倉時代の名作として国の重要文化財に指定されております。

高千穂神社
高千穂町教育委員会
 

宮崎県の巨樹 全国 スギ一覧 九州地方のスギ 樹種別一覧 HOME 森の巨人100選

高千穂神社の秩父杉





高千穂神社の秩父杉
指 定 宮崎県指定天然記念物
指定年月日 1992年3月1日 
所在地 宮崎県 西臼杵郡高千穂町大字三田井
解説板 あり   詳細を見る
樹勢等 良好
特記事項   
お勧め度 ☆☆☆☆
到達難易度 ★  下車後すぐ
撮影日 2002年4月14日
 環境省値  解説板値 実測値
幹  周    9.0m   7.15m   7.24m
樹  高     55m     55m     
樹  齢   300年以上     800年   
実測詳細 地上1.3m部分を計測 

高千穂町の街中にある高千穂神社。
ご存じ日本神話における天孫降臨の舞台となった地でもあり、風光明媚で名高い高千穂峡なども存在し、いつも観光客が絶えない地でもある。
高千穂神社一帯は鬱蒼とした巨木の森で、その中でもひときわ大きいのがこの秩父杉だ。
本殿前にそびえる姿は意外とスマートな印象を受けるが、根元に立ち仰ぎ見ると、やはりなかなかの存在感である。
樹高の55mはどうかと思うが、実測できなかったのが悔やまれる。



宮崎県一覧全国一覧HOME |