大久保のヒノキ








大久保のヒノキ
 
指 定 国指定天然記念物
指定年月日 1994年3月2日
所在地 宮崎県東臼杵郡椎葉村十根川
幹 周 8.0m                 ※1
樹 高 32m
樹 齢 800年
解説板 あり    
樹勢等 大枝枯損も良好
特記事項  
幹周(実測) 7.8m
樹高(実測) 39m
撮影日 2001年1月1日

八村杉からさらに遡ること約10分。大久保の集落に到着する。
以前は駐車場もないところだったのだが、現在ではトイレ付きの立派な駐車場が出来てしまっていた。
このヒノキの特徴は、なんといっても幹に絡まる多くの枝であろう。樹皮の色も赤褐色の燃え立つような色で、不気味な印象を与える。この樹形が幸いし、伐採から免れたのであろうか。
ヒノキの巨樹発見が相次ぐ昨今であるが、最大と言われる折合のヒノキが枯死寸前の現在、貴重な存在であろう。
94年には、国の天然記念物として指定された。

※1 環境省資料による


宮崎県一覧全国一覧HOME |

Copylight(C) Hiroshi Takahashi 2003-2004. All rights reserved.