椋本の大椋  

高さ十八メートル余、周囲八メートルのムクの巨木。樹齢は、一五〇〇年以上と言われています。
「嵯峨天皇(八〇九〜八二二)の頃、征夷大将軍坂上田村麻呂の家来、野添大膳父子が伊勢路を流浪し、 この地に逃れた時、巨大なムクの木を見つけ、その下に草庵をつくって住んだ。」これが、椋本の発祥だと言い伝えられています。
明治三年九月十八日の夜、暴風雨によって巨枝がおれてしまった。その時の神官、駒田巽氏がその枝をそのままにしておくのはしのびないと考え、 獅子頭を彫刻し、明治七年、椋本神社に奉納しました。昭和九年一月二十二日には、国の天然記念物に指定されています。

*ムクノキ*
 ニレ科の落葉高木。本州の関東以西、四国、九州の山地に生える。高さ、二十メートルに達する。 葉は、だ円形または卵型で四〜八センチメートル。
春、小さな黄緑色の花が咲く。果実は卵形で大豆大、黒く熟し甘味があり生食される。 葉は、表面がざらざらしているので、物を磨くのに使われている。
 

三重県の巨樹 全国の巨樹 ムクノキ一覧 東海北陸のムクノキ 樹種別一覧 HOME 森の巨人100選

椋本の大椋






椋本の大椋
指 定 国指定天然記念物
指定年月日 1966年10月26日 
所在地 三重県安芸郡芸濃町椋本692
解説板 あり   詳細を見る
樹勢等 良好
特記事項 合体木の生き残りか   
お勧め度 ★★☆☆
到達難易度 ★  下車後すぐ
撮影日 1999年4月6日
 環境省値  解説板値    実測値
幹  周    9.5m    8.0m   8.05m
樹  高     16m     18m     17m
樹  齢   300年以上    1500年   
実測詳細 地上1.3m部分を計測 

国指定の数少ないムクの一本で、環境省の調査データによると、兵庫県、三日月のムクに次いで全国で2番目の大きさを誇っている。
しかし、樹形を見ていただくと分かるが、かつては北側に更に大きな幹が生育していた痕跡が残っている。明治初期の暴風により折れてしまい、残った幹が現在見られるものである。
この東海により、幹の大きさは約半分の大きさになったとも伝えられる。いわゆる合体木ではなかったか、と想像されるが、その頃の幹周りは14mほどの大きさであったらしい。
ムクノキで幹周り14mともなれば、もうこれは破格の大きさであり、それこそ無二のものであっただろう。
地名の椋本も、当然この木から来ているものであろう。



三重県一覧全国一覧HOME |