水屋の大楠
神木にして天然記念物、樹齢千年、根廻り二十九メートル 樹高三十五メートル 春日さま、お稲荷さまを祀る。

三重県の巨樹 全国の巨樹 全国クス一覧 東海・北陸のクス 樹種別一覧 HOME 森の巨人100選

水屋の大楠



他の写真を見る

水屋の大クス
指 定 三重県指定天然記念物
指定年月日 1967年3月27日 
所在地 三重県松阪市飯高町赤桶宮東2507番地1
解説板 あり   詳細を見る
樹勢等 良好
特記事項   
お勧め度 ★★★★
到達難易度 ☆☆☆      下車後すぐ
撮影日 2008年7月20日
 環境省値  解説板値   実測値
幹  周  16.63m      16.02m
樹  高     38m     35m   31.5m
樹  齢  伝承1000年   1000年   
実測詳細 地上1.3m部分を計測 

環境省データベースでは1988年の調査時点では13.1mの幹周であったが、2001年のフォローアップ調査では16.63mと肥大してしまい、全国で12位となる大クスへと飛躍的な安心を遂げた!
全樹種で見ても、全国16位となる代表的な巨木である。
というのも、このクスノキは根張りが誠に雄大で、性格に1.3m地点の計測するのは不可能に近いからであろう。
数値に拘らなくとも、実際にこのクスを見て貰えばその雄大さは理解していただけると思う。
樹高が高く、非常にスマートな印象を受ける樹形である。
根張りの大きさが素晴らしく、樹勢も盛んであることなどから、樹齢はまだまだ若いものと判断することができそうだ。
水屋神社の境内にはクスノキの大木が他にもあり、特に拝殿脇に立つものは9.7mもの幹周を有しているが、拝殿裏の御神木があまりにも巨大であるため、完全に陰に隠れた存在となってしまっている。
他にも大スギやムクノキの巨木など、境内には巨樹が目白押しで、境内はちょっとした巨樹の鎮守の森である
地元では「大クスさん」と呼び親しんでおり、現在もなお神木として神社と地元の方々によって大切にされているようだ。


戻る