飯高町指定文化財  天然記念物
   指定 平成九年二月一八日

黒瀧神社の夫婦スギ

スギ科スギ属スギ

県下最大のスギの巨木である。
樹高約三八メートル、胸高周囲八、八五メートル。二本に分かれているため「夫婦スギ」と呼ばれ、 黒瀧神社の御神木とされている。

松阪市教育委員会


三重県の巨樹 全国の巨樹 全国スギ一覧 近畿地方のスギ 樹種別一覧 HOME 森の巨人100選

黒瀧神社の夫婦スギ



他の写真を見る

黒瀧神社の夫婦スギ
指 定 松阪市指定天然記念物
指定年月日 1997年2月18日 
所在地 三重県松阪市飯高町森129
解説板 あり   詳細を見る
樹勢等 良好
特記事項   
お勧め度 ★★★☆☆
到達難易度 ☆☆☆☆  下車後2分ほど
撮影日 2008年7月20日
 環境省値  解説板値   実測値
幹  周   8.85m   8.85m   8.95m
樹  高     42m     38m     25m
樹  齢  300年以上       
実測詳細 高地面より地上1.3m地点を計測 

15年ぶりの訪問であったが、かつて見たイメージとは違い迫力に満ちた姿であったのには少々ビックリ。
このスギの良さが分からなかったなんて、15年前の自分は何を見ていたんだろうと改めて考えさせられる訪問であった。
現在は合併して松阪市となったが、旧飯高町の森集落、国道166号線沿いにある黒瀧神社の御神木である。
松阪市とはいえ、かなり東西に長い市域になってしまったため、松阪と言われてもどうもぴんと来ないのが実感だが・・・。 
森地域にさしかかると、国道沿いにこんもりと茂った鎮守の森が良く目立つので、黒瀧神社を見落とすことはまず無いであろうか。
黒瀧神社拝殿へと向かう石段脇にも幹周6mを越えるスギが数本あり、かなり歴史を持つ神社であることを知ると同時に、なかなか神聖な雰囲気を有する境内に厳かな気分になる。
夫婦スギは拝殿左手の斜面に成長しており、神社を見下ろすような格好で立っているが、どうやら合体木のようで、急斜面にあるため双方の幹とも身をくねらすような形で成長し、大きな根張りを有し、その巨体を支えている。
合体木は概して幹周の割に見栄えしないものが多いが、このスギは見応え充分で、地上5m付近にあるコブも双方の幹にあり、シンクロしているのも面白い。
お互いスギ同士で会話や意思疎通が図られている証左とも見られ、非常に興味深かった。
三重県では最大クラスのスギで、樹勢もまだまだ良好でいまだ成長段階にあるようだ。
次回の訪問も楽しみな一本である。


戻る